京都市右京区にある料亭佐近では、京料理とフランス料理が融合したランチを楽しく召し上がっていただけます。

京都市右京区で京料理のランチを味わえる店「佐近」
京都市右京区で京料理ランチを味わうなら【佐近】Traditional Kyoto Style & French Dishes
世界遺産・仁和寺の雄大な山門と景観を眺めながら京都市右京区「佐近」の伝統的京料理とフランス料理をランチやディナーで美味しく、楽しく
世界遺産・御室仁和寺の門前に構え、雄大な山門と景観を楽しみながら、京料理とフランス料理の融合と調和を味わえる京都唯一のお店、それが佐近です。
京料理とフランス料理を一皿ごとに独立させつつコースとしてまとめ上げ、京料理とワイン、フランス料理と日本酒などの自由な組み合わせで料理を楽しんで頂くのが佐近のスタイル。

京都市右京区の京料理をランチでお召し上がりいただける「佐近」京料理とフランス料理の根幹に流れる伝統と手法を重んじつつ、フレンチに京野菜、あるいは和食に海外の素材、それぞれを大胆に取り入れることで驚きと新鮮さを演出するクロスオーバーな試みも実践しております。
昼の部では和洋折衷のコースを、夜の部はコースとは別に季節の一品料理を取り揃えております。佐近のスタイルをお楽しみ下さい。
佐近ご紹介ビデオもご覧ください。約3MB wmv形式 1分)

ウェブマガジン旅色の京都グルメ&観光特集に紹介されました
仁和寺 UNESCO World Heritage - Ninna-ji Temple
京都市右京区、ランチも楽しめる京料理店「佐近」を門前に構える仁和寺仁和寺は886年に光孝天皇が建立を始め、888年に宇多天皇が完成させた門跡寺院です。代々親王家が出家後仁和寺で門跡を務めたことから、仁和寺は非常に格式の高い門跡寺院の最初のお寺なのです。仁和寺の別名を御室御所とも呼びますが、それは皇族が受け継いだ歴史によるものです。

仁和寺は平成6年(1994年)に古都京都の文化財の1つとしてユネスコの「世界遺産」に登録され新たな歴史を刻んでいます。
春は京都で最も遅咲きの名勝御室桜、秋は紅葉など、四季折々の風情が楽しめます。
仁和寺の前にある、きぬかけの路は龍安寺金閣寺へと続き、近くに妙心寺、等持院などもありますので散策されてはいかがでしょうか。また仁和寺のすぐ南側の嵐電・御室仁和寺駅より嵐山、北野天満宮などへの移動が便利です。

営業時間
昼:11:30〜14:30 ラストオーダー
夜:17:00〜20:30 ラストオーダー
水曜日定休 (祝日の場合は営業)

所在地
京都市右京区御室小松野町25-37
ご予約:075-463-5582